スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2010/09/26/Sun 03:48:22
  • CATEGORY:未分類

あれこれ、まとめ書き

まいどのことですが、ほったらかし日記です。
このほったらかしの期間のことなどをつらつら書いてみます。

1.macの調子が悪い。
8月のこと。変な模様がモニタ全面を覆い尽くす故障が発生し、グラフィックボードを交換。
しばらくは順調だったものの、3日前にとつぜん起動しなくなり、あれこれmacのお腹の中をいじくり回して何とかなおる。グラフィックボードの接触が悪いみたい。そろそろG4も寿命なのでしょうか?

2.うちの子の成長がすごい。
夏休み、うちの子供が自転車に乗れるようになったり、25m泳げるようになったりと、いろんなことが新たにできるようになってうらやましく思う。子供の成長ってホントすごいです。先日、砧公園までサイクリングにいきました。往復13kmぐらい。

3.昔勤めていた会社に行く。
先日、久々に昔勤めていた会社に行ってみた。たまたま行ったのですが、もうすぐ場所が移転するとのこと。最後に思い出の地に行けて良かった。半分以上知らない人になっていて、当時から残っている人はみんな偉い立場になっていた。やめてから十数年たっているので当然ですが……。あと、当時の社長が、つい最近亡くなったとのこと。

4.映画「鬼畜」を見る。
個人的映画ランキングのno.1の松本清張原作「鬼畜」。ここ数年、年に1回は必ず見てます。野村芳太郎監督の映画は「砂の器」が有名ですが、ぼくは「鬼畜」の方が断然上です。岩下志麻がごはんを子供の口にごはんを押しつけて「食えっ!食えっ!」と発狂するシーンはトラウマになること間違いなし。出会いは高校の頃、試験勉強で夜中に起きていて、たまたまテレビをつけたのが運の尽き。目が離せなくなり、次の日の試験は最低の点数だったのは言うまでもありません。ちなみに映画のポスターは谷内六郎が描いていたりします。未見の方は是非。緒形拳主演の方です。数年前にビートたけしがやったドラマはいまいちです。ついでに「影の車」「震える舌」(ともに野村監督)もトラウマ度高いです。

5.ドラマ「早春スケッチブック」を見る。
TUTAYAにあったので借りてみました。こちらはまったくの初見。すごくいいドラマでした。第一話、鶴見辰吾がママチャリで激走するシーンから始まるのですが、鶴見辰吾の自転車大好きキャラがこんな頃から予見されているのか!と関心。岩下志麻がいつ切れるのか!”ごはん「食えっ!」”はまだかと思っていたのですが、終始いい人でした。(昔はやんちゃだったらしい。)この時代のドラマって「北の国から」とか「池中玄太」とか良いのが多いです。あと「特捜最前線」も好き。

6.マンガ「みか子さん」(今日マチ子)を読む。
モーニングのWEBですでに読んでいたのですが買ってしまいました。今日マチ子さんは同じ雑誌にてイラストが載っていたのでだいぶん前から知っました。その頃はちょっと気になる程度だったのが、いつの間にやら進化していて、内容、絵の感じなどに叙情性が加味されていてすごく好きな作家になってます。ブログで2004年からずっとマンガをアップしているのでその変化の過程を見ることができます。


7.丸田祥三、小林伸一郎「盗作裁判」トークライブをネットにて見る。
とりあえず「小林伸一郎」「盗作」で検索してみてください。いろいろ出てきます。丸田さんにとって、とてもフビンでリフジンな話。盗作した人が本家みたいな顔でいい仕事をもらうのってほんとにいや~な気分になります。(経験あり。)そういえばもう裁判の結果は出ているのかな?


まだ、いろいろあったのですが今日はこのへんで。



看板

写真:気になる看板(採取地:錦糸町)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。